ローヤルゼリーは高級品?


高級なイメージのローヤルゼリーですが、本当に高級品なのでしょうか?

ローヤルゼリーには実際にみつかっている栄養素だけでも40種類以上も含まれて
おり、まだ未知の部分もありますので、その未知の部分の栄養素も入れると60種類を
超えるのではないかとも言われています。

しかも、ローヤルゼリーにしかない栄養素も含まれていたりと、ローヤルゼリーは
紀元前から存在しますが、今も昔もとても重要な食べ物になっていますね。

価格的に梱包数などによりバラバラですが、カプセルタイプだと1000mg(60粒ほど)
で2000円〜3000円で、もちろんもっと高いものもありますが、平均こんな感じです。
生タイプは100g(1日3g摂取)で3000円から高いもので6000円ほどです。
これも、もっと高いものもあります。

こんな感じで、「え?ちょっと高くない?」と思われるかも知れませんが、
本当に高いでしょうか?
価値から言うと、とても安くメーカーさん頑張ってくれています。

ローヤルゼリーの始まり


ローヤルゼリーは紀元前から始まり、そのころは「魔法のカギ」とされていたほど、
奇跡的な力があるとされていました。
18世紀、19世紀に入ってからも「不思議な薬」や「魔法の液」などと呼ばれ、
20世紀に入ってからフランスで販売されるようになったのですが、そのころの
ローマ法王ビオ12世が危篤状態に陥り、医師がローヤルゼリーの処方を続けた結果、
奇跡的に命を取り止めたそうです。

日本では1959年に、ある週刊誌が「不老長寿の新薬現る?」と記事にされた
ほど、とても価値のある、そして奇跡に近い力があると昔から言われてきた
ローヤルゼリーです。
成分から見ても、奇跡の食べ物だと言われているのがわかります。

そんなとても価値あるローヤルゼリーがカプセルタイプで2000円〜3000円、
生タイプでも3000円〜6000円と、こんな低価格で手に入るんです。

どちらもこの価格は1ヶ月分の量としてみていますが、これがどれだけすごいことか
わかりますか?

缶ジュースを毎日1缶づつ飲むと3000円を超えます。
今、1缶120円ですから1ヶ月で3600円ほどですよね。

缶ジュースを毎日1本飲んでいるのと、ほぼ同じ価格で手に入るんです。
奇跡の食べ物ローヤルゼリーから考えると、とても安いのではないでしょうか。
ブランドが商標登録されているローヤルゼリーもあるそうです。
商標登録費用について解説しているサイトはこちら。